作成者別アーカイブ: admin

【みどりグループ】2月定例会議報告

2月は以下のことを話し合いました。

1.今後のスケジュール共有

2.今年度の活動ふりかえり

3.ナチュモコガーデンパーゴラに這わせる植物検討

4.ナチュモコガーデン春の植え替え植栽種について

4.みどりゼミ「堆肥の土を調べる」

以上です。
(詳細についてお知りになりたい方は、みどりグループスタッフまでお声がけください。)

楽しい雛祭り~♪

今年も旧清水邸書院の中に雛飾りが登場しました!

この雛飾り、元々は旧清水邸書院に置かれていたものではないのですが、
旧清水邸書院の建物が瀬田に移された時代にほぼ近い、昭和初期頃のとても貴重なものです。
現代ではあまり目にすることがない5段飾りに圧倒されます。

雛祭りと言えば、桃の花。
残念ながら帰真園の桃の花はまだ咲いていませんが、梅の花(白梅)が見ごろです。

これから実梅(白)、紅梅が楽しめます。
今年は暖かいので、雛飾りの展示と一緒に桃の花も楽しめると良いなぁ~。

雛飾りの展示は3月初め頃まで行っています。
旧清水邸書院の閉館日は外からご覧いただけます。
是非、この機会に旧清水邸書院、帰真園に足をお運びください!

(なべちゃん)

日本庭園ちょこっとガイド 3月10日(日)14:00開催

日時

3月10日(日) 14:00~14:40

内容

日本庭園を二子玉川公園の解説員がご案内します。
その日だけの季節のみどころに出会えます。
(3月10日は手話通訳がつきます。)

申込み方法

当日受付

定員

先着10名程度

受付場所

ビジターセンター

受付開始時間

13:45~

雨天

中止(当日HPでお知らせ)

対象

どなたでも(未就学児は保護者同伴)

参加費

無料

お問合せ先

二子玉川公園ビジターセンター 電話03-3700-2735

▲実施イメージ

【3月10日に延期】こどもグループ【支援活動】『プレーカーの日』2月10日(日)

日時

平成31年2月10日(日)10:00~17:00(出入り自由)

安全管理上の理由により3月10日(日)に延期致します。

内容

月に一度のお楽しみ、あそびの出前車「プレーカー」がやってきます。ランチ作り、木工遊びや火起しなど思い切り楽しもう!

☆2月のランチ会メニュー☆
つるつるもちもち具沢山!~すいとん汁で温まろう♪~
地粉を練ってすいとんを作ります。
ランチ参加希望者はお汁に入れる野菜を持ち寄り下さい。

「ランチのあとは焼き焼き会♪」
お餅、ウインナー、マシュマロ、みかんなど好きなものを持ってきて、
あったかおやつを楽しもう!

※泥遊びで汚れることもあります。ぜひお子様は着替え持参で、
みんなで思いっきり遊びましょう。

場所

みどりの遊び場(大きなすべり台のあるところ)

対象

誰でもどうぞ

申込み

不要です。当日、直接会場へお越し下さい。

雨天時

開催、荒天中止
(催行の有無は朝9時までに当ホームページに掲載します+電話問い合わせ可)。

主催

NPO法人プレーパークせたがや(世田谷区児童課事業)  電話03-3414-4175

お問い合わせ先

二子玉川公園ビジターセンター 電話03-3700-2735

真冬の雨の日に思う事

2月というと寒さのピークですが、

時折気温が上がって、雨が降る日があります。

そうなるといよいよあの季節だな、とワクワクします。

アカガエルの仲間やヒキガエルの仲間といったカエルたちや、サンショウウオやイモリなど、一部の両生類たちの産卵の時期なのです。

わたくしの地元ではすでにニホンアカガエルの産卵が始まっています。

二子玉川公園の帰真園やいのちの森にはアズマヒキガエルがいます。

今の時期は岩の隙間や落ち葉の下でじっと寒さをしのいでいる彼らですが

恋(?)の季節が間近に迫っているのです。

ニホンアカガエルやヤマアカガエルの産卵が終わる頃、入れ替わるようにアズマヒキガエルの産卵が始まります。

南関東でのアズマヒキガエルの産卵のピークは3月頃。

帰真園でも見られるかもしれないカエル合戦が待ち遠しいです。


今日のアズマヒキガエル。じっと動きませんでしたが、起こしてしまったようで、目を開けていました。

(こんちゃん)

こどもグループ【伝統あそび】節分イベントまき遊び 2月1日(金)実施報告

今年も恒例の豆まきイベントを実施しました。
これまでは屋外実施のため当日の天候で参加者がほとんどいない…ということもありました。
せっかくの準備が水の泡…となってしまうことを避けるため屋内での実施としました。

今回は事前の問い合わせも多く、噂に尾ひれがついたのか!?なかには「本物の鬼が来るんですか?」なんて問合せもありましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフが前もって鬼除けのお守りと結界をつくり、準備は万端!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん大事な豆とヒイラギ・イワシの飾りもバッチリです!
ちなみに箱に「魔滅」と書いてありますが、「豆を投げつけることで魔(鬼)を滅する」ことに由来しています。
昔、京都の鞍馬に鬼が出た時に「毘沙門天のお告げ」に従い大豆を鬼の目に投げつけたところ退治できた、といういい伝えが残っているそうです。

まずは「節分」の紙芝居から和やかにスタート…

…のはずが不穏な空気を感じたのか、すでに泣き出す子どもがチラホラ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼の的を相手に豆まきの練習も済ませ、参加者も気合十分!

…ここでいよいよ鬼登場!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とたんに泣き叫ぶ会場中の子どもたち…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はオカメと協力して無事鬼を追い出すことができました。

 

 

 

 

 

 

みんな笑顔で記念撮影。
これで無事に1年を過ごすことができるでしょう!

【みどりグループ】1月の活動の様子

みどりグループの1月の活動の様子です。
1月は寒い日や風が強い日が多く、作業は大変でしたが、
時間を短縮するなど工夫して活動しています。

≪ナチュモコガーデン≫
花がら摘みや除草、散水を中心に活動しました。
花壇やハーブエリアに入り込んだシバを取り除いたり、
土が流出してしまった箇所に新しい土を入れたり、分担して作業を行いました。

≪コーヒー豆かす堆肥づくり≫
みどりグループでは、2016年から落ち葉と
コーヒー豆かすを材料とした堆肥づくりをしています。
11~12月にかけて園内各所で落ち葉を集め、
園内カフェからはコーヒー豆かすを提供していただきました。
それらの材料を積み重ね、仕込み完了。
サポーターからは「コーヒーのいい香りがするね」
「こんなに落ち葉が集まったなんてすごい」などの声が上がりました。
今後は温度変化の様子を見ながら、お世話を続けていきます。

≪子ども花壇≫
乾燥が続いているため、活動日ごとにたっぷり水やりをしました。
ほかにも密集している芽を移植したり紛れている雑草を抜いたりしました。

≪いのちの森≫
園路にはみ出した枝の剪定のほか、
樹木の名前を書いた「樹名板」を設置するための準備をしました。
この樹名板は園内で伐採されたイチョウの木を活用したもので、
木材のカット・穴あけ、スタンプなどをサポーターが行い、手作りで製作しました。


活動体験も受付中!
2月の活動予定をご覧の上、ご都合のよい日にお越しください。
(自由活動は初めての方も参加しやすく、オススメです♪)

2019年度 サポーター登録更新手続きのお知らせ

いつもありがとうございます。

平成31年3月31日をもって、
平成30年度のサポーター登録及びボランティア保険補償期間が満了となります。

引き続きサポーター登録をご希望される方は更新手続きが必要となります。
郵送にて「サポーター登録更新の手続きのお知らせ」「サポーター登録申込書」を
送付いたしますので、ご記入の上ビジターセンター3階の窓口に直接ご提出下さい。
(来館が難しい場合はビジターセンター宛に郵送して頂いても結構です。)

サポーター更新手続きの申込書提出期限: 3月23日(土)

ご不明な点などがございましたら、ビジターセンターまでご連絡ください。

どうぞよろしくお願い致します。


問合せ
二子玉川公園ビジターセンター
電話:03-3700-2735
FAX:03-6805-7591

まだまだ冬ごもり

1月ももう終わり…
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

風の強い日はあまり外には出たくないですよね。
そんな寒い公園では今梅が咲いちゃってます。

梅のように寒さに負けずに冬を越す生きものは実はたくさんいます。
昨年もやりましたが新年初の冬ごもり中の生き物さがしをしてきました。

簡単に紹介していきすよ~。

【オカダンゴムシ】
みんな大好きダンゴムシ。寒いとほとんど動きません。
一度に大量に見つかることもありますよ。


【ワラジムシ】
ダンゴムシのそっくりさん。冬でもウロウロしているのを見かけます。
ダンゴムシと同じ場所にいることが多いです。


【ナメクジ】
この時期に生きものを探すと良く見かけます。本当に多いです。
凄く湿った場所の石・木の下には必ずと言っていいくらいいます。


【モリチャバネゴキブリ幼虫】
日本産のゴキブリです。落ち葉なんかを食べています。
冬でも落ち葉の多い場所で見かけることがあります。


【アカシマサシガメ】
肉食のカメムシ。匂いを出しませんがつまむとたまに刺すことが…
木の隙間などで集団で見かけます。


【シロテンハナムグリ幼虫】
公園の虫代表と言えるぐらいいます。ちょっと土を掘ると見つかることも。
初夏にはきれいな成虫が公園で飛び回っていますよ。


【オオミノガの蓑】
以前紹介したのとは別個体。まだいましたね。
オスの成虫は5~6月頃に出るそうです。

今回紹介した生き物のほとんどが湿った石や木をひっくり返してみつかった物です。
公園に訪れたときに試してみるともしかしたら面白い生き物が見つかるかもしれませんよ。

以上、冬の虫探しを満喫する たいしょー でした。

たいしょー